初心者の方へ

■ 戦い方

初心者のために基本的な戦い方を解説します。
尚、中級者以上になると裏をかいてきますので、いろいろ経験を積んで自分なりの戦い方を見つけましょう。
「吊られた = 負け」ではありません。最終的にチームの勝利になるように行動しましょう。

【村人の場合】

  • 村人の目的は「人狼を見つけて追放する」ことです。
  • 人狼や狂人は「勇敢で聡明な村人」や「信頼できそうな占い師」などを装って、善良な他の村人に投票するように仕向けます。
  • 村人の場合は信用できる人はゲーム終了まで1人もいません。安易に人狼だと疑ったり、村人だと安心しないようにしましょう。
  • 村人は基本的に、自分が能力者(占い師など)だと騙(かた)ってはいけません。他の村人が混乱し、村の不利になります。

【占い師、霊能者の場合】

  • 占い師や霊能者になったら、その能力を村人の勝利のために使わないといけません。
  • ここで重要なのは「自分が占い師(霊能者)だと信じてもらう」ことです。人狼や狂人がニセ占い師を騙(かた)る場合があります。
  • 人狼は真占い師を襲撃するチャンスを常に狙っています。CO(カミングアウト)するタイミングには気をつけましょう。

【騎士の場合】

  • 騎士の目的は「村人を人狼の襲撃から守る」ことです。
  • 基本的に騎士は自分が騎士であることを決して明かしたり悟られてはいけません。すぐに人狼に襲われてしまします。
  • まずは占い師や霊能者など人狼に襲われやすい人を守るとよいですが、逆に守られてなさそうな人を襲ってくる場合もあるので気をつけましょう。

【狂人の場合】

  • 狂人の目的は「人狼チームを勝利に導く」ことです。
  • 占い師や霊能者など人狼の不利になる能力者が現れた場合は、自分が本当の占い師(霊能者)だと騙(かた)ってみるのもよいでしょう。
  • その場合、誰が人狼かは狂人にはわからないので、基本的に占い結果はシロ(人間だった)というべきでしょう。
  • それ以外でも、人狼がピンチのときに疑いを自分に向けさせるなど、自分なりの方法で人狼を助けましょう。
  • ただし、自分が狂人だと気づかれてはいけません。積極的に人狼を探している村人のフリをしましょう。

【人狼の場合】

  • 人狼の目的はもちろん「人狼チームの勝利」です。
  • 狂人がいない村の場合、自分が本当の占い師(霊能者)だと騙(かた)ってみるのもよいでしょう。
  • 人狼が複数いる場合は協力して組織票を使ったり、ある村人に投票するようにしむけたりしましょう。
  • ただし、あからさまにそのような行動をとるとすぐに人狼だと疑われてしまいますので、まずは村人になりきった行動をしたほうがいいでしょう。
  • 占い師に占われてしまった場合などでピンチに陥った場合、仲間の人狼が疑われないように努力しましょう。自分が吊られてしまっても、仲間が残っていればまだ勝つチャンスはあります。

■ 用語集

ゲーム中でよく使われる用語集です。

【CO(シーオー)】

  • COは「カミングアウト(Coming Out)」の略で、自分の役職をみんなに公表することをいいます。
  • 占い師、または霊能者がその能力を使って誰が人狼か人間かわかった場合にCOして村人を勝利に導きます。
  • 能力者は人狼に狙われやすいので、COのタイミングに気をつけてください。

【ラン、グレラン】

  • 誰に投票するかを話し合っているときに使う言葉です。
  • ランは「ランダム」の略で、意見を統一せずにみんなで自由に投票します。
  • グレランは「グレーをランダム」の略で、確定している占い師や、その占い師がシロ(人間)だと占った人以外で、人狼か人間かわからない人(グレー)の中から自由に投票します。

【ロラ、ローラー】

  • ロラはローラーの略で、誰に投票するかを話し合っているときに使います。
  • 狂人がいない村で占い師を主張する人が二人いた場合はどちらかが人狼だと思われるので、二人とも追放することで人狼を退治します。

【ステ、ステルス、寡黙】

  • ステはステルスの略で、発言が無い人のことです。
  • 人狼は自分が目立ちたくなかったり、人狼用タイムラインで相談中の場合、メインのタイムラインでの発言が少なくなることから、発言が少ないと人狼かと疑われてしまいます。